錠剤

にんにく卵黄を飲んで元気な身体を作ろう|正しい飲み方がある

成分への注目

卵

にんにく卵黄にはにんにくと卵黄の成分の2つが含まれているので、この2つの効果を得ることができるという利点もあります。生のにんにくと加工されたにんにくとでは異なります。そのため、にんにくと卵黄を食べるのとにんにく卵黄を食べるのとでは効果は全く異なります。それは物質の種類が異なるからです。もちろん、加工の仕方によっては同じ場合もあります。生のにんにくは粉末にしてするとアリシンがなくなりますが、水を加えるとアリシンが再び生成されます。あるいは、長期熟成させた場合は新たな成分が生成されます。S-アリルシステインという成分です。そのため、にんにく卵黄のサプリメントを選ぶときは加工方法にこだわることも大事です。

にんにく卵黄の成分の中で最も重要な成分は、アリシンです。これはにんにくに含まれている成分です。食物繊維やビタミンなどの6大栄養素に次ぐ栄養素です。植物が身を守るために作る成分であり、病気になりにくくなります。他にもいろいろな成分が含まれています。カリウム、ビタミンB、モリブデンなどの栄養素があります。ただでさえにんにくはいろいろな成分があるのに、それに加えて卵黄が追加するので、その効果は他の健康食品よりも高いです。卵黄はビタミン各種が含まれていて、特にレシチンは必要な栄養素を吸収して不必要な物質は外に出すという役割があります。そのため、この2つを組み合わせると相乗効果を期待することができます。